金山マイナールート

期   日:2020年12月4日(土)
メンバー:12名

【コメント】

 8:55に千石荘から登り始める。坊主沢源流に行く道に下る。沢を渡ってすぐの尾根を登りあがる。(勝手につけた名前 第1尾根)最初は木をつかみながら登る急登。その後、気持ちのいい尾根道になる。最後に急登を登って笹が出てきたら稜線はもうすぐ。笹の中を頑張って登るとブナ林の稜線にポンと出る。いつもながら一般道に出るときは気持ちがいい。 すごい強風と寒さだった。手がかじかむ。ゆっくり登ったので約3時間かかった。その後は、金山山頂で昼食をとる。強風と寒さもあり、美紀尾根は宿題として通常ルートを千石荘登山口まで下る。13:55着。

クライミング 日向神サンセットエリア

【実施日】 令和3年11月27日(土)

【参加者】 5 名

【コメント】

クライミングは四阿屋の予定でしたが、諸事情により日向神へ変更しました。

この日の天気予報は小春日和とのことだったので、冬は寒くて行かないサンセットエリアにしましたが、暖かい見込みが外れ、午前中は岩が冷たく、指先もかじかむくらいでした。 寒いながらも各自が適当にアップした後、ゲレンデの左から順番に登っていき、Tさんが3番目のルート(愛のウカイライン)をリードトライされ、見事レッドポイントされました。今度からヌン掛けお願いします。

背振山 ブナ種採取登山

日  時  2021年11月13日(土曜日)

山  域  背振山系 背振山

参加者  11 名

【活動データー】 

8:30早良集合→9:08椎原集落→ 11:23矢筈峠 →12:04背振山山頂(昼食)→14:04椎葉峠 → 15:33 椎原集落(各自解散)     タイム 6時間24分  休憩時間 1時間16分  距離  12.5㎞    上り 960m  下り 986m

ブナの実を採取する為、脊振山へ。ブナの木は千メートルのくらいの高さに自生するそうです。

リーダーのお話ではブナの木は豊作と豊作の間が長く、期間が5年くらい間が空くとのこと。

昨年豊作で今年は裏年だったようで、ブナの実は残念ながら少ししか落ちていませんでした。 車谷から登山、林道は土砂崩れで大きな石も落ちていて 道路は寸断されていて、その土砂の上を歩きました。下山は椎原峠へ。紅葉は始まっていて、所々素晴らしい色付きを見せていて、楽しませてもらいました。雑木林の木立の中や、メタコセイヤの木立の中の下山、素敵な雰囲気でした。暑さも過ぎ、とても快適な山歩きが出来ました。

ブナの落ち葉と種

井原山(鉄塔尾根~稜線~野河内渓谷~水無集落)周回

期   日  2021年10月24日(日)
 9時野河内渓谷出発。すぐに鉄塔尾根に入る。最初は急登が続くが鉄塔までひと頑張りだ。その後は傾斜も少し緩くなる。途中、金山を見通せる展望所がある。三角錐でかっこいい山だ。90分ほどで三瀬峠から来た道(稜線)に出合う。ここが往還山。道を右にとり稜線を進む。アップダウンを繰り返し90分ほどで井原山に着く。

 井原山からは、普賢岳・多良山系・福智山・宗像四塚・壱岐・小呂島が見渡せる。今日は、空気が澄んでいて気持ちがいい。  下山は、野河内渓谷まで急下降する。根っこにつまずかないように気を付けて下る。沢に下り立ち、沢沿いに駐車場まで下る。沢沿いの道はやはり気持ちがいい。駐車場から5分も下ると水無集落への入り口が左に伸びている。たくさんの方が整備のために働いてくださり、立派な登山道ができている。11/3には道標を設置する予定だ。たくさんの皆さんに通ってほしい。秋の気持ちがいい一日。13㎞くらいの道を女7人で楽しみました。




井原山山頂からの眺め。壱岐が見える

九州オルレ(第五回) 宗像・大島 コース

期  日   2021年10月20日(水) 曇り一時雨、時々晴れ間

登山コース

大島港渡船ターミナル10:05 発~宗像大社中津宮 10:12/18~御嶽山登山道入口10:20~レスキューポイント① 10:28~御嶽山展望台・神社 10:47/55(トイレ有り)~レスキューポイント③ 11:06~御嶽山登山道出口11:29~レスキューポイント④ 11:41~芙蓉の道(レスキューポイント⑤)11:53~遊歩道接続点 12:07~遊歩道展望所 12:16/18~風車展望所 12:22/24~砲台跡(昼食・散策) 12:30/13:03~慰霊碑13:06/09(トイレ有り)~大島むなかた牧場 13:15~レスキューポイント⑦13:21~沖津宮遥拝所 13:36/40~レスキューポイント⑧ 13:43~大島地区コミニュティセンター 13:56~レスキューポイント⑨ 13:59~ 夢の小夜島(渡渉)14:10/16~さよしま(土産物店)14:19/27~大島港渡船ターミナル 14:30 着

■正味歩行時間(休憩含まない)     3時間15分   

■行動時間(休憩含む全行動時間)   4時間25分    

■距離  約11.2km  
■累計標高差 ±585m

「ふるさとの山 県民清掃ハイク」in金山

日  時  2021年10月17日(日曜日)
山  域  背振山系 花乱の滝コース・新飼ルート

回収ゴミ    可燃物ゴミ 3.0㎏    不燃物ゴミ 0.5㎏

A コース

8:30 野河内駐車場→8:40花乱の滝登山口→10:30 金山山頂→12:30花乱の滝登山口→14:00野河内駐車場

B コース

8:00 野河内駐車場→8:45新飼登山口→11:30谷ルート/峰ルート分岐→12:08稜線 (昼食)→13:07新飼登山口→13:30 野河内駐車場

Aグループは花乱の滝から入山し、直登コースで金山山頂に向かい、清掃しながら歩きました。道中あまりゴミは無いだろうと思っていましたが、空缶、空瓶、ビニールゴミ、タオルの忘れ物など皆さんのお陰で収穫がありました。
 山頂は風が強く寒かった為、Bグループに連絡して下山する事にしました。登山口付近で昼食を取り、Bグループの下山を待つ間、花乱の滝を見に行きました。登山口に戻り待っていると、Bグループが車で来ました。滝を見に行っている間に、すれ違ってしまった様です。ご心配お掛けしました。皆様、寒い中参加頂き有難うございました。

新飼ルートで枝を切る参加者